FC2ブログ


2015年10月30日 (金) | Edit |
テレビがiPhoneに 新アップルTVを試した
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO93351010Y5A021C1000000/?df=4&dg=1
アップルTVをテレビにつなぐと、ユーチューブの動画コンテンツを「ながら視聴」することも可能になる。これまでは地上波の独壇場だった「ながら視聴」が、ユーチューブに取って代わられる日が来ようとしているのだ。そのときに見ているコンテンツがユーチューブなのか、ネットフリックスなのか、はたまたスポーツ系コンテンツなのかは人それぞれだろう。だが、「ながら視聴」の主役が地上波からアプリに代わる時代が来るのは間違いない。今後の注目は、日本のテレビ各局がアップルTV向けにアプリを配信してくるかどうかだ。つい最近、民放各社は「TVer」というパソコンやスマホ向けの見逃し配信サービスを始めたばかりだ。これにはテレビ離れが進みスマホばかりを見ている視聴者に対して、テレビ番組に回帰してもらいたい狙いがあるのだろう(中略)その一方で、もちろん視聴者にはアップルTV向けアプリで、いつでも好きなときに番組をテレビで見たいというニーズがあるのは間違いない。だが、既存のビジネスモデルを壊すきっかけにもなりかねないだけに、はたしてテレビ各局がアップルTVに対してどのような態度を示すのかは未知数だ。テレビ局が「テレビの未来」を考える上で、新アップルTVの登場は大きな踏み絵となりそうだ
地上波がテレビの中の魅力のないコンテンツのひとつに成り下がるのは時間の問題だ。視聴者はIT弱者のみという状況になるだろう。今までお茶の間の王様として君臨し続け、その栄光にあぐらをかいて、面白くもないバラエティ番組を垂れ流し続けている地上波放送に生き残る道はない。