FC2ブログ


2016年03月30日 (水) | Edit |
挫折ばかりの初心者よ、アセンブリ言語を学べ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/032300513/?top_pu
アセンブルするプログラムは、簡単な足し算プログラムでも構いません。自分の書いたプログラムと、出力されるアセンブリ言語のプログラムを比較することで、コンピュータの裏側で行われている処理が手に取るようにわかります。例えば、C言語であれば「変数」や「代入」がコンピュータによってどのように実行されているのかがわかります。また、プログラミングに欠かせないアルゴリズムとデータ構造を学ぶ上でも、コンピュータの知識は必ず役に立ちます。上達した気分にならないからプログラミングはやめた、と諦めてしまうのは、とても残念なことです。自分がなかなか上達していないなと感じたら、だまされたと思ってアセンブリ言語を学んでみてください。モヤモヤが払拭されること間違いありません
そういえばパソコンがまだ8ビットの頃、マシン語をポチポチ入力していましたねー。ゲームがやりたいがために。あの頃は、PC雑誌にマシン語のページが付録でついていて、それを間違いなく入力するとゲームが動くんです。今では考えられないことだけどハマってましたね。あ、アセンブリ言語はマシン語よりは言語に近いんですけど、レジスタに値を入れたり出したりCPUに対する動きを全部書く必要があるので、大きなプログラムの作成にはまったく向きません。今ではCPUが十分速いのでコンパイラ言語じゃなくBASICのようなインタプリタ言語でもゲームが書けるかもしれませんね。事実、ブラウザ上のスクリプト言語でゲームが作れたりしてますからね。