FC2ブログ


2016年03月30日 (水) | Edit |
マイクロソフトの将来は「クラウドファースト、Windowsセカンド」?
http://japan.zdnet.com/article/35079972/
Lufthansaのソフトウェア開発者Shmueli Englard氏は「正直なところ、現在のUWPはWindowsやWindowsの考え方と密接に結びつきすぎているという点だけ見ても、真に『ユニバーサル』なものになるとは考えにくい」と述べるとともに、「また、コードを1度記述するだけで、どのプラットフォーム上でも実行できるという考え方の愚かさをMicrosoftも理解していると思う」と述べている。Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏が「クラウドファースト、モバイルファースト」という言葉をMicrosoftのスローガンとして使い始めた理由は元々、モバイル機器によるインターネット接続の増加とともに、クラウドへの依存の高まりがあったためだ。Microsoftのサービスにコンシューマーや企業ユーザーを引きつけることが、同社の重要な目標になってきているのだ。しかし、「Microsoft Azure」の必要性を開発者に納得してもらうために同社がやるべきことは、まだ数多くある。   しかし、時代と人々の期待は変わりつつある
Windows10は私が期待したほどPCユーザーに訴求しませんでしたね。クラウドファースト・モバイルファーストもユーザーにとってはわかりづらいものとなっています。モバイルに至っては、まったく振り向きもされていません。マイクロソフトはユーザーに対して「未来」を示せていません。