FC2ブログ


2016年03月31日 (木) | Edit |
広告ブロック機能を標準搭載 OSSブラウザー「Brave」を試す
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/343137/032300020/?top_tl1
Brave Software社は、JavaScriptの開発者で、米Mozilla財団で以前CTOやCEOを務めていたBrendan Eich氏が2015年に設立した。今回の新たなWebブラウザー「Brave」が最初の製品になる。Braveの最大の特徴は、広告ブロック機能を標準で備えていることだ。バナー広告が表示されないのはもちろん、Cookieなどを利用してユーザーの行動をトラッキングする行為も遮断する。これらの広告関連データをブロックすることで、Webサイトの読み込みが約60%速くなるという。広告ブロック機能自体は、ChromeやFirefoxでも「AdBlock」などの拡張機能を組み込めば利用でき、それほど珍しくはない。Braveが独特なのは、新たな広告表示のビジネスモデルを生み出そうとしていることだ
どうなんでしょうかね、こういう動き。私としてはあまりおもしろないんですよね。WEB広告の価値がテレビなどのレガシィメディアより上がって欲しいと考えるからだ。その方向性を阻害する広告ブロックは望ましい未来ではないような気がするのだ。