FC2ブログ


2016年05月07日 (土) | Edit |
Siriをはるかに越えるAIを備えたSiri開発者らによる新音声認識システム「Viv」がまもなく公開へ
http://gigazine.net/news/20160506-siri-ai-viv/
Appleの音声アシスタント機能「Siri」の誕生に関わった開発者らにより、かねてより開発されていた新しい音声認識システム「Viv」がようやく完成し、まもなく発表されるものと見られています。Vivは「複合的な質問を理解する」「多くのアプリを実行可能」など、Siriをはるかに越えるAIを備えているとのこと。(中略)VivはKittlaus氏らが思い描いていた「Siriのなりたかった形」を実現したもので、多くの点でSiriよりも多様な機能を実行可能です。ワシントン・ポストによると、「職場近くのPizz’a Chicagoからピザを購入したい」と伝えると「トッピングはどうしますか?」と聞き返し、「トッピングはペパロニで」「半分はチーズ」「シーザーサラダも」という注文もちゃんと理解して、少し住所の認識に混乱が生じたものの、最終的にはオフィスまで注文通りのピザが届く、ということを実現したそうです。この時、電話や検索、アプリのダウンロードは不要だったとのこと。  このほかにも、Vivは「車を配車して」というとUberなどの選択肢を提示したり、デリバリーサービスのGrubhubや診察予約サービスのZocdoc、航空券予約サービスのSeatGuruなど多くのサード・パーティーアプリと連携してタスクを行ってくれます。  GoogleやFacebookはVivの買収を考えているそうですが、Vivエンジニアが買収に応じる意向は記事作成時点で伝えられていません
すごいですね。これってもうAIですよね。なんか時代の進み方が速くなったんじゃね?日本語対応の同時翻訳機を早く実現してほしいぞ。