FC2ブログ


2016年08月20日 (土) | Edit |
Microsoft、「PowerShell」をオープンソース化し、LinuxとOS X版を提供
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/19/news062.html
米Microsoftは8月18日(現地時間)、Windowsに標準で備わるシェル/スクリプト言語「PowerShell」をオープンソースで公開したと発表した。Linuxおよび米AppleのOS X版をGitHubからダウンロードできる。PowerShellは、.NET Framework上で構築されたタスクベースのコマンドラインシェル/スクリプト言語で、Windowsの管理の自動化などに利用できる。今回のオープンソース化により、LinuxとOS Xの管理の自動化も可能になる。同社はLinux向け「PowerShell Editor Service」も提供する。これにより、ユーザーは「VC Code」や「Sublime」など普段使っているエディタでPowerShellを使える。PowerSellはまた、「MicrosoftのOperations Management Suite(OMS)」との統合により、Azure、AWS(Amazon Web Services)、Windows Server、Linux、VMware、Google Cloud Platform、OpenStackなどのプラットフォームでアプリケーションやワークロードを管理できるようにする
へー、そうなんだ。いいことだよなー。できればWindows 2000とOffice 2000もオープンソース化してほしいぞ。