FC2ブログ


2016年09月24日 (土) | Edit |
無償・無制限・認証不要のVPNサービスが統合された「Opera 40」が正式版に
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1021074.html
ルウェーのOpera Software ASAは19日(現地時間)、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera」の最新安定版「Opera 40」を正式公開した。本バージョンの目玉は、無償・無制限・認証不要のVPNサービスが統合されたこと。“VPN(Virtual Private Network)”とは、暗号化技術などを活用してインターネット上に仮想の私的ネットワークを構成する技術。重要なデータのやりとりを保護したり、他の国を経由することで自国ではブロックされて閲覧できないコンテンツへアクセスするために用いられる。VPN機能は初期状態で無効化されており、利用するには設定画面から手動で有効にする必要がある。VPN機能を有効化するとアドレスバー左端に“VPN”というラベルが追加され、クリックすると利用統計を表示するポップアップへアクセスできる。ちなみに、このVPNサービスはカナダに拠点を置くOpera傘下の企業SurfEasyによって運営されており、カナダ・ドイツ・オランダ・シンガポール・アメリカの5カ国にサーバーが設置されている。接続先のVPNサーバーは自動で選択される仕組みになっているが、ユーザー側で選択することも可能だ
VPNを使うメリットってなんだろう・・・。スピードが遅くなるんじゃないかなー。だって、シンガポールのサーバー経由だからね。まぁ、Operaのユーザーってもういないだろうからトラフィックは気にしなくていいだろうけど。