--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年09月27日 (火) | Edit |
radikoが“タイムフリー聴取”対応。1週間限定で後から番組が聞ける新機能
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1021779.html
radikoと日本民間放送連盟ラジオ委員会は、10月11日の正午頃からradiko.jpに「タイムフリー聴取機能」を追加。過去1週間に限り、いつでも後から番組の聴取を可能にする。実証実験と位置付けられ、無料で利用可能。この機能を活用した新たな聴取文化「シェアラジオ」も推進。宇多田ヒカルを起用した特別番組も全国のラジオ局で放送する。「タイムフリー聴取機能」は、放送されたラジオ番組を過去1週間に限り、いつでも後から聴取できるもので、聴き逃してしまった番組を後から楽しんだり、SNSやネットニュースなどで話題になった番組を後から聴く事が可能になる。無料かつ非登録制で利用可能。ただし、1番組ごとに3時間の聴取可能時間という制限がある。これは、1つの番組を選んで再生した瞬間から、3時間が経過するまでの間、聴取できるというもの。例えば12時に再生ボタンを押すと、その番組は15時まで聴くことができる。聴取可能時間内であれば、早送りや巻き戻し、一時停止なども行なえる
radikoやりますねー。攻めてますね。つーか、radikoに対応していないラジオ局はダメですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。