--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年09月27日 (火) | Edit |
Windows 10にアップグレードしてトラブルが続出、消費者団体がMicrosoftに補償を求める事態に
http://gigazine.net/news/20160927-windows-10-upgrader-unhappy/
Windows 10の無償アップグレードが2015年7月30日から提供され、アップグレードを勧めるMicrosoftの通知が強引過ぎることで話題になっていましたが、2016年7月29日で無償アップグレードの提供が終了しました。「いまだかつてない 最高のWindows」として幾度となくポップアップ通知を表示され、意図せずに自動的にWindows 10にアップグレードされた人もいたわけですが、実際にWindows 10にアップグレードした人たちからアップグレードに起因するさまざまな問題が報告されており、ついにイギリスの消費者団体が動き出すという事態に発展しています。「Which?」は1957年からさまざまな市場製品をレビューしてきた消費者団体で、68万人の会員を持ち、Which?の自社雑誌だけで33万5000人の購読者数を誇っています。そんなWhich?の元にはWindows 10に関する苦情が1000件以上寄せられていることから、Which?は消費者の権利を代表してMicrosoftに対してアップグレードで悪影響を受けたユーザーへ何らかのアクションをとるよう呼びかけを開始したとのこと
マイクロソフトのダメなところはユーザー体験を継承せず勝手にコロコロ変えてしまうところです。たとえば、Officeにクソな「リボン」を導入してガラッとインターフェースを変えてしまったことや(旧メニューも選択できるようにしようとは思わなかったのでしょうかね)、Windows8のように今までの経験が役に立たないようなインターフェースに変えてしまったこと(すべてのユーザーがあの極悪インターフェースを歓迎するとでも思ったんですかね)などです。Windows10でスタートボタンが復活してやれやれと思っていたら、プリンターデバイスへのアクセスがコントロールパネルからしかできなかったり、すべてのプログラムの並びが複雑になってしまって、どこに何があるのかわからなくなってしまったりとか、本当にダメダメです。だから私は、こういう独善的な改悪をするものにはもううんざりなので個人的にはWindowsを使うことはやめました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。