--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年10月06日 (木) | Edit |
米グーグル新スマホはAI主役 話すとアプリ起動
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN05H1E_V01C16A0000000/?dg=1
米グーグルは4日、新型スマートフォン(スマホ)や家庭向けスマートスピーカーなどを発表した。話しかけて操作する会話型人工知能(AI)「アシスタント」を標準搭載した。AIを利用したサービス競争が激しさを増すなか、ソフトとハードの一体開発を強化し、同様の垂直統合モデルを強みとする米アップルに対抗する。 新型スマホはグーグルが端末のデザインや仕様、流通などへの関与を大幅に強めた最初のスマホとなる。従来はグーグルが基本ソフト(OS)「アンドロイド」を供給する一方、端末の細かな仕様やデザインは共同開発相手のメーカーの裁量権が大きく、端末にはメーカーのブランド名も刻まれていた。今回からはグーグルブランドのみとし名称も「ネクサス」から「ピクセル」に刷新した。アップルの「iPhone(アイフォーン)」に対抗する最上位機種と位置づけるピクセルの画面サイズは5型と5.5型の2種類。15分間の充電で7時間使える急速充電機能や、撮影した写真や動画を容量無制限で保存できるクラウドサービスなどをつけた。米国での価格は649ドル(約6万6000円)から。日本での発売は未定
今後はAIの力量によって売れるスマホが決まってくるみたいですね。アップル大丈夫か?AIでグーグルに勝てるのか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。