--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年10月08日 (土) | Edit |
見えてきたAmazon.comのAIアシスタント戦略、「一家に複数台」狙う
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/200047/100300029/?itp_pickup
このところ、米Amazon.comのAI(人工知能)アシスタントに関する動きが面白い。Amazonには「Alexa」と呼ぶ、AIを使ったクラウドベースの音声アシスタントサービスがあるが、同社はこれを利用できる機器を小型化したり、ほかの自社製機器に搭載したりして、サービスの拡大を狙っている。そのうちの1つが、先ごろ発表した「Fire TV Stick with Alexa Voice Remote」。これは、2014年に発売したスティック型映像配信端末「Fire TV Stick」の第2世代モデルだ。Fire TV Stickは、テレビのHDMIポートに差し込んで、無線LANでインターネットに接続すると、ストリーミング映像などが手軽に楽しめるという機器。Amazonの映像配信サービス「Amazon Video」、Prime会員向けの映像見放題サービス「Prime Video」、音楽聴き放題サービス「Prime Music」をはじめ、Netflix、Hulu、YouTubeといった他社サービスも利用できる。この第2世代モデルは、その名の通り、同社の音声アシスタントサービスであるAlexaが利用できる点が特徴で、上位モデルの「Fire TV」と同じくAlexaに対応した音声認識リモコンが付属する。これにより、ユーザーはリモコンのマイクボタンを押して話すだけで、30万以上の映画やテレビ番組、90以上のアプリやチャンネルの中から好みのコンテンツを検索できるほか、Alexaに対応するさまざまなサービスを利用できる
もう最近AIばかりですね。怒涛のAIブームだ。スマホやテレビが急速にインテリジェント化している感じ。macOSにもsiriが載ってきたし、Windows10もコルタナが載ってる。今後はAIの性能で商品を選択する時代になりそうですね。Google翻訳を早くAI化してほしいぞ。今年はVRとAI元年の様相ですね。これからどんどん賢くなっていくんだろうなー。AIは強力なクラウドを持っている者しか作れないだろうから、この分野でもAmazon、Google、Microsoft、Appleの優位は揺るぎませんね、というよりいっそうの寡占化が進みそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。