--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年10月08日 (土) | Edit |
アイ・オー・データが「IoTゲートウェイボックス」開発、IP系・非IP系の入出力機器を束ねてクラウドに接続
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1023366.html
株式会社アイ・オー・データ機器がIoT事業の取り組みを加速するとして5日、「IoTゲートウェイボックス」を開発し、2017年の市場投入を目指すと発表した。IoTゲートウェイボックスは、Wi-FiやBLEなどさまざまな無線通信規格に準拠したIP系・非IP系のネットワークカメラやセンサーなどの入出力機器を束ね、クラウドサービスへのデータ出力を司るボックスだという。IoTは現在、機器・サービス間のデータの受け渡しにおいて複数の規格が存在する「勃興期特有の状況」と指摘。IoTゲートウェイボックスは、1つのボックスで複数の規格に対応することにより、IoTソリューションの迅速な発展を促すとしている。IoTゲートウェイボックスの開発にあたっては、ソフトウェア面で株式会社sMedioが技術協力。機器ごとに異なるインターフェースやネットワークプロトコルを持つセンサーやアクチュエーター機器のネットワークプロトコルをIPネットワーク化し、それらをクラウドサーバーにつなげるための「sMedio IoT Gateway Device Solution」をsMedioが製品化し、アイ・オー・データに提供する
なるほどねー、勃興期か。そのとおりですね。今ドラスティックな時代の変革期に遭遇しているようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。