--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年10月21日 (金) | Edit |
「サムスンのスマホを二度と買わない」ユーザーは40%
http://japan.cnet.com/news/service/35090665/?tag=rightAttn
最新の調査で、多くのサムスンユーザーが同社のスマートフォンを二度と買わないと考えていることが分かった。EコマースプラットフォームのBranding Brandが米国時間10月11日~12日に調査を実施し、1000人のサムスンユーザーに現在の気持ちを尋ねた。サムスンが問題を悪化させて大失態を演じたことを受けて、回答者の40%がもうサムスンのスマートフォンは使わないと答えた。「Galaxy Note7」は、発煙や爆発、発火の報告が相次いだことを受けて、リコールされた。今回の最新調査では、サムスン製スマートフォン所有者の30%が「iPhone」、8%がGoogleの「Pixel」の購入を検討しており、62%は何らかの「Android」端末を今後も使用すると考えているという結果になった。9月21日~22日に実施された同様の調査では、サムスンのスマートフォンを二度と買わないと答えた回答者は34%だった。サムスンにコメントを求めたが、すぐに回答を得ることはできなかった。たが結局のところ、決定的要因になるのはサムスンが次に発表するスマートフォンだろう。そのスマートフォンが魅力的で、爆発の問題が解決されていたら、サムスンのスマートフォンは二度と使わないと答えた40%のユーザーも寛大になるかもしれない
サムチョンの若社長はしれんのときですね。失った信頼を取り戻すのは限りなく困難であることがわかっているのだろうか。拙速に商品を世に出すことより、「本当にいいもの」を世に出す事がいかに大事かをこの事件は教訓として語っている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。