--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年10月28日 (金) | Edit |
スマホ通信はやがて5Gへ。僕らの通信環境はどう進化するのか?
http://news.livedoor.com/article/detail/12200231/
4Gのその先へ。実は5G通信はすでに計画されています。特徴は「大容量」「同時接続」「高速通信」「低遅延」。5G回線へと進化することで、さまざまなメリットがあります。身近なところですと、ファイルのダウンロードが速くなるのはうれしいですよね。  また、生活にかかわるところですと今後はスマートホームも普及し、家庭の家電や照明、あらゆるモノがインターネットに接続されるでしょう。  それが「Google Home」なのか「Amazon Echo」なのかAppleの「HomeKit」なのか分かりませんが、外出先でも「家」からリアルタイムにさまざまな機器の情報を受け取り、指示を行なう。そんなスマートな自分と家との関係が始まってくるのだと思います。これを実現するためには5Gの高レスポンスで高速な回線が威力を発揮するはずです。ユーザー側も、スマホだけでなくウェアラブル端末、スマートウォッチ、スマートグラス。さまざまな端末で同時に通信を利用できるようになるでしょう。そうなれば、車の運転や重機の操縦がVRで支援されたり、スポーツ選手やドローン目線での映像を個々に中継するようなシステムなども登場してくるかもしれませんね。こういった高画質映像を低遅延で送受信するといったシーンも5Gなくしては実現しません
5Gのインフラが飽和したとき、固定回線の使命は終わるのだろうか。今はまだ4Gでしかも容量制限があるので固定回線は必要だが、5Gでしかも容量制限が撤廃されたとき、はたして固定回線の意義はあるのだろうか。テレビはネットで流れてくるしインターネットは5Gユビキタスになるから、ケーブルテレビの使命はどこをどう切り取っても終わるしかないですね。まぁ、今の60歳以上の年寄りが生きている間は、地上波もケーブルテレビも需要があるだろうけど。いずれ衛星放送とかの存在意義もなくなってきますよね。既存の概念がインターネットを中心としてゴロゴロ変わりますな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。