--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年10月28日 (金) | Edit |
サムスンのスマホ発火でグーグルがダークホースに急浮上 北米市場、ブランド悪化の「悪夢のシナリオ」に現実味
http://www.sankei.com/premium/news/161027/prm1610270001-n3.html
また仮にノート7の欠陥がファブレット以外の製品のブランド力にまで波及すれば、他メーカーにとっての追い風はさらに大きくなる。スマホの世界市場でのサムスンのシェアは2016年4~6月期で22・8%で、2位のアップル(11・7%)に2倍近い差をつけている。しかしファブレット以外の製品では市場の頭打ちが目立っており、サムスンの販売台数が中国の華為技術(ファーウェイ、シェア9・3%)やブランド力で勝るアップルに削られていく事態も想定される。うしたサムスンにとっての「悪夢のシナリオ」は絵空事ではない。米主要メディアは今月に入って、ノート7の発煙や出火によるトラブルに見舞われた利用者たちの証言を相次いで報道。就寝中にノート7が出火したというケンタッキー州の男性はメディアの取材に対して、寝室が煙に満たされているのに気づいたときは「死ぬほど怖かった」と振り返った。また駐機中の旅客機内でノート7が発煙し、機内にいた75人が避難したことも話題となった。 米紙ウォールストリート・ジャーナルは12日付紙面に発火で本体が溶けるなどしたノート7の写真を大きく掲載し、「サムスン製品を買う前に考え直そうとする人を責めることはできない」として、サムスンブランドの将来に警鐘を鳴らした。またサムスンが問題の背景について詳しい説明をしていないことへの不信感や、当初は問題を矮小化(わいしょうか)しようとしていたとの批判も出ている
まぁ、スマホ自体がPCと同様に陳腐化しているからなー。サムチョンは危機管理を失敗した。事態を収集しようと拙速に動いた結果傷口を広げた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。