--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月13日 (日) | Edit |
マンガ用に進化! Kindle Paperwhite日本限定モデル
http://www.asahi.com/and_bazaar/articles/SDI2016110819381.html?iref=comtop_list_andbazaar_n01
「大量の本を手軽に持ち運べる」「本の保管スペースをとらない」などの理由で人気の電子書籍。しかし、データの重いコミックを読むには、本体容量が小さかったり、処理速度が遅くて快適に操作できなかったり、表示が荒かったり……と問題もあった。そこで開発されたのが「Kindle Paperwhite マンガモデル」だ。日本限定発売のこのモデルは、ストレージが従来モデルの8倍となる32GBの大容量に。コミックなら約700冊、書籍なら数千冊を保存できる。また、ページめくりのスピードが33%アップした「快速ページターン」や、画面を長押しすればページが高速で切り替わる「連続ページターン」、見開き表現の迫力を堪能できる「見開きフルスクリーンビュー」などを搭載し、スムーズな使用感となっているところもポイントだ。マットなe-inkスクリーンは、明るい日差しの中でもスマホやタブレットのように反射せず、300ppiの高解像度で細部までくっきりと美しく表示。漫画家たちが魂を込めたコマもじっくり鑑賞できるだろう。本体は、厚さ9.1mm、重量250gと薄型軽量。片手で使っても疲れにくく、通勤・通学時の使用にもぴったりだ。一度フル充電すれば最大6週間バッテリーがもつというのもうれしい(明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)。就寝前の読書などに便利なフロントライトも搭載。目に直接光が当たるバックライトとは違い、ディスプレー表面を照らすので目にやさしい
これはいいなー。ホチりそうで怖い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。