--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月22日 (火) | Edit |
中国格安スマホが個人情報を無断収集 上海にメッセージや通話履歴など自動送信
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161118/frn1611181530005-n1.htm
中国企業が開発に関わったスマートフォン用の「ファームウエア」が、利用者に無断でテキストメッセージの内容などの個人情報を収集していたことが16日までに分かった。被害規模は不明だが、米紙ニューヨーク・タイムズは「世界中の格安スマホの利用者が大きな影響を受けている」と指摘している。同紙によると、ファームウエアは基本ソフト「アンドロイド」が搭載されたスマホ向けで、上海を拠点とする「上海アドアップス・テクノロジー」が開発した。米政府は、広告目的の情報収集か中国政府による諜報活動かは定かでないと説明している。米セキュリティー企業クリプトワイヤーが15日に発表した報告書によると、米BLU社の格安スマホに搭載されたファームウエアが、利用者の同意なしに個人情報を上海にあるアドアップスのサーバーに送信していた。スマホを自動アップデートするプログラムが組み込まれており、1~3日に1回のペースでテキストメッセージの全文や電話帳、通話履歴などを収集していたという。ニューヨーク・タイムズによると、アドアップスは中国、日本、インド、台湾に拠点を持ち、中国の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)のスマホなど、端末7億台にファームウエアを提供している。米国土安全保障省は「政府の担当部署や民間の関連企業とともに適切な対応を検討している」という
中国製のスマホを買うということはこういうリスクもいっしょに買ってるということ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。