--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月25日 (金) | Edit |
アップルのデザイナーのクリスマスツリー、評判はいまいち?
http://www.cnn.co.jp/tech/35092561.html?tag=cbox;tech
英ロンドンにある高級ホテル、クラリッジスで、米アップルの最高デザイン責任者ジョニー・アイブ氏が手掛けたクリスマスツリーの装飾が披露された。 アイブ氏はスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などの製品を手掛けたことで知られる有名デザイナー。しかしクリスマスツリーの評判は今一つのようだ。 シンプルなデザインで定評のあるアイブ氏。そのセンスを生かしたクリスマスツリーは、一切の装飾がない、ただのツリーだった。 クラリッジスのロビーを彩るクリスマスツリーは毎年、注目の的になる。昨年はバーバリーのデザイナー、クリストファー・ベイリー氏が創作を担当し、100本以上の傘や何千もの照明が使われていた。今年のテーマは環境。雪の積もったシラカバの白黒写真が照らし出され、照明のない木を何本も配して森の中を歩いているような雰囲気をかもし出す。舞台となるのは「ピュアホワイトのフロア」。 それでも見た目の豪華さやハイテク度は、昨年の装飾には及ばない。 今回のプロジェクトはアイブ氏と工業デザイナーのマーク・ニューソン氏が共同で手掛けた。2人はこの作品についてこう説明している。 「自然より純粋で美しいものはほとんど存在しない。そこでこれを我々の出発点として、さまざまな有機体の反復にテクノロジーの層を重ねた」「我々の目標は、すべてを包み込む魅力的な体験を創出し、伝統への多大な敬意を祝いながら未来への興奮を表現することにあった」
シンプルが好きだからなー。アイヴとニューソンが共同したそうだが、見る人にはカレラの崇高な概念は理解できないものなのでしょうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。