--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年12月15日 (木) | Edit |
映像編集の未来がここに!? ハイスペックPCいらず! Amazonのクラウド上で動くEDIUSが凄い
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/1034919.html
11月に行なわれた放送機材展Inter BEE 2016に、Amazonのクラウドサービス「アマゾンウェブサービス(以下AWS)」のブースが登場した。Amazon プライム・ビデオで映像配信事業もやっているAmazonが、Inter BEEに出展すると言う意味だったら不思議ではないのだが、ブースでは“プロの映像制作にもクラウドを使っていこう”という提案を行なっていた。映像素材のセキュリティ面で業界がきちんとクラウドやっていけるのか、一抹の不安も感じたことは事実である。だが、素材共有だけでなく、クラウド上ですべての作業が完結するのならどうだろうか。今回のInter BEEでは、AWS上でGrass Valleyの編集ソフト「EDIUS Pro 8」が動いているのを実際に見る事ができた。この一点だけをとっても、次のような可能性を感じさせる。  これまでEDIUSはWindows版しか開発されていないが、クラウド上の仮想Windowsで動かせば、手元のクライアントはなんでもいい ローカルの環境は、ネットさえ速ければマシンパワーは必要ない 急に台数が必要になっても、一時的なライセンス契約で済ませられるのではないか 素材のシェアリングも、自前でネットワークを構築する必要がない
そういうことか。ハイエンドPCを買わなくてもクラウドパワーで動くってことか。だからクライアントは非力なPCでもいいということなんですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。