2016年12月15日 (木) | Edit |
AMDが新CPU「AMD Ryzen」を発表、Intel製プロセッサーのライバルになれるか?
http://gigazine.net/news/20161214-amd-ryzen/
2016年8月に概要が発表されたAMDの次世代次世代マイクロアーキテクチャ「Zen」。このZenアーキテクチャを採用した次世代CPUはコードネーム「Summit Ridge」としてその存在が知られていたのですが、現地時間で2016年12月13日、正式に「AMD Ryzen」として発表されました。Zenアーキテクチャ採用で、x86コアの性能と効率性を体現する「AMD Ryzen」というプロセッサー製品およびブランドをAMDが発表しました。「AMD Ryzen」が発表されたのは、AMDが現地時間で2016年12月13日午後3時から開催した「New Horizon」と題するイベントの中でのこと。イベントの様子は以下のムービーで視聴可能で、ムービーの25分あたりから「AMD Ryzen」の発表がスタートしますAMDは「AMD Ryzen」のリリース時期を「2017年第1四半期を予定」としており、リリース時期と同時にいくつかの詳細なスペックを発表しています。「AMD Ryzen」ブランドの最初のCPUは8コア・16スレッドのハイエンドデスクトップ向けのものとなります。なお、L2キャッシュは4MBでL3キャッシュは16MBです。このチップはAMDのマイクロアーキテクチャ「Bulldozer」のクラスタベースマルチスレッディングとは異なり、同時マルチスレッディングを採用することでベースクロック3.4GHzの最高性能を引き出すことが可能です。Intel最新のクアッドコアCPUであるCore i7-6700Kほど高速ではありませんが、IntelのBroadwell-Eプロセッサー(3.2GHz)とはかなり拮抗した数値になっています
最近元気がなかったAMDだが頑張ってほしいですよね。