--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年12月28日 (水) | Edit |
2017年はAIが大いに飛躍--「実験は終わり、ソリューションへ」
http://japan.cnet.com/news/commentary/35093996/
心しておこう。人工知能(AI)は思いもよらない分野で活用されるようになる。   2016年は、Google、Facebook、Apple、Microsoftといったテクノロジ企業が、AIを利用する製品やサービスを次々に発表した。2017年には、他の業界もこぞってAIを導入するようになるだろう。人工知能という言葉が登場してから60年になるが、それ以来ずっと、実現しそうでいつまでたっても実現しない存在のように思われてきた。だが、新しいハードウェアやソフトウェア、サービス、専門技術の出現で、ようやく現実のものとなった。もちろん、各社ともAIを動かすには人間の頭脳の力がまだまだ必要となるだろうが。(中略)AIは2016年に特に大きな注目を集めたトレンドであり、その注目度は今後も高まっていく一方だろう。皆さんもすでにAIに触れているはずだ。スパムメールのブロックも、デジタル写真の整理も、口頭のテキストメッセージの書き起こしも、AIがやっている。2017年には、デジタル機器にとどまらず、ビジネスの主流にまで広がっていくだろう。「実験の年は終わり、ソリューションの年になるだろう」。IBMの最高イノベーション責任者であるBernie Meyerson氏はこう述べている
AI as a Serviceとして今のクラウドのようなカタチで普及していくのではないだろうか。APIが公開されてプログラムの中で使用されるかもしれない。ありとあらゆるところにAIパワーが浸透してくるはずだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。