--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年01月06日 (金) | Edit |
財務状況がひどい!「マリオラン」が売れず窮地に立つ任天堂
http://news.livedoor.com/article/detail/12499034/
個人的には任天堂の株式はそこまで安定したものでないので、あまり好きではありません。もちろん、今後の期待という面があるのでしょうが、ポケモンについても、他社と提携していますので、もたらされるのはライセンス料金程度という可能性もあります。そう考えたら、任天堂の財務諸表を見て、びっくりして逃げ出す投資家は多数出てくるでしょうね。もし、そこで安くなりすぎるのであれば、十分買いに行けると思います。  キャラクターは使える資産みたいなものですので、会社にある程度の安定感をもたらすことが想像できます。さて、財務状況ですが、現状PER50倍以上と、「なんじゃこりゃー!!?」ってくらい割高ですね。ただ、投資家の気持ちは分かります。スーパーマリオのキャラクターである「マリオ、ルイージ、ピーチ、クッパ」ゼルダの伝説の「ゼルダ」、まあ、他にもいっぱい保有するキャラクターはかなりの財産ですからね。  しかし、現状の任天堂は、目を覆いたくなるようなひどい財務状況です。売上高純利益2010年1,434,365228,6352011年1,014,34577,6212012年647,652△43,2042013年635,4227,0992014年571,726△23,222 2015年は、41,843百万円の黒字ですが、2016年は、16,505百万円と大幅に減益予想となっています。  うん、ひどいです
新しいゲーム機もなんか中途半端ですよね。世の中のゲーム機が4K+HDRへ向かっているのに非力なマシンを出してくるなんてどういう先見性なのでしょうか。マリオランも大コケだった模様。試練のときですなー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。