--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年01月11日 (水) | Edit |
PC出荷台数、6年来の低迷から2018年に上昇する見通し
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481709/010600287/
パソコンの出荷台数が落ち込んでいた背景としては、買い換えの周期が延びたことが挙げられる。またMicrosoftが、旧式のパソコンでも十分に動作するWindows 10を無料アップグレードとして提供したことも、買い換えの必要性を減らした一因だ。Windows 8が失敗に終わった一方で、前バージョンのWindows 7は、大きな買い換えサイクルの推進力となった。2016年6月には、米IntelのBrian Krzanich CEOが、パソコンの買い換え周期が約3年から倍の約6年に延びたと発言している。米ラスベガスで現地時間2017年1月5~8日に開催されている「CES 2017」では、新型のノートパソコンやデスクトップパソコンの発表があり、魅力的な機能や特徴を呼び物にした製品が披露されている。製品の薄型軽量化はますます進み、高解像度の画面、USB Type-C端子、LTE接続、タッチ式画面などを搭載している。年内には、Intelの超高速ストレージ「Optane」を搭載したノートパソコンも登場するはずだ。近年は、ゲーミングパソコンの販売が増え、低迷が続くパソコン市場の中で出荷台数が大きく伸びていた。eスポーツや仮想現実(VR)への関心が高まる中、ゲーミングパソコンの出荷は今後も増加が続くものとみられる。パソコンメーカーは、VRが数十億ドル規模の市場に成長することを期待している
ふーむ、PCでVRゲームか・・・。そんなキラーコンテンツが出てくれば爆速PCを組みたい欲求と合致するんだがなー。でもPS4 PRO買っちゃったからなー。PS VR待ちなんだよなー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。