--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年01月12日 (木) | Edit |
AIに仕事を奪われる?ロボット記者が1秒で記事を作成しネット騒然
http://news.livedoor.com/article/detail/12520372/
AIに天気予報の記事を書かせたところ、わずか1秒で完成したという。(中略)AIが記事を作成する、いわゆる「ロボット記者」は既に複数の報道機関で使われている。  米国の大手通信社「AP通信社」は数年前から企業の決算リポート作成などにロボット記者を利用していたが、昨年7月に野球のマイナーリーグの記事作成にも活用の幅を広げると発表。  米ヤフーや中国の新華社通信等もすでにロボット記者を活用している。ロボット記者がわずか1秒で天気予報記事を作成したことを受けて、ネット上には反響が続々。  「クオリティ高すぎる」「共同配信とかもコレできないかしら?」「人手が足りなくなる将来に向けて…」など、さまざまな声が。  「今後、どんどん置き換えが進んでいくだろう」「新聞記者戦々恐々」「そのうち多くの人がAIに取って代われるだろう」「あと10年もしたらなくなる仕事だらけな気がする」など、将来への不安を訴える声も複数よせられている
今後AIはさまざまな分野に進出していくことは確実だろう。まだまだAIはかわいいものだけど、こういう技術ってブレークスルーが起きると一気に進歩するから怖いよね。たぶんブレークスルーは昨年あたりだと思う。もう分野を絞ればAIは人間を凌駕していることは、アルファGOが証明している。たとえば戦闘機の操作という特定の分野であればAIの方が強いだろう。人間はAIが操縦する戦闘機には勝てない。このことは、戦車にも言えるし狙撃についても言える。今後、戦争はAIの性能にかかってくる可能性が高い。今年もIT界隈はAI関連で騒然としそうですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。