--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年01月12日 (木) | Edit |
チャットボットがビジネスインフラになる日
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1701/11/news021.html
AIメッセンジャーは9月からチャットボットのサービスをスタートさせたばかりだが、既に十数社が導入を決め、うち数社は既にチャットボットを現場で活用している。石川氏によると、これまで電話によるセールスを行っていたある会社がチャットボットに変えたところ、成約率が劇的に向上したいう。ユーザーからすれば、電話よりも気軽にいろいろと質問できるメリットがあるそうだ。企業側としても、まずはチャットボットとの簡単なやりとりの中で、ユーザーの本気度を確認できる。その後、人間のオペレーターに切り替わるのだが、購入意欲のあるユーザーに対してのセールストークなので、成約率が向上するというわけだ。また、化粧品通販を展開するある会社では、試験的に1つの商品のページ上にチャットボットを置いたところ、売り上げが45%増加した。そこでこの会社では、全ての商品のページ上にチャットボットを設置することを決めたという。LINEのようなチャットサービスが、コミュニケーションの主流になっていく中で、チャットボットが企業と消費者の接点になっていくことはほぼ間違いない。とは言うものの、チャットボットでできることの範囲や、どんなビジネスに有効なのか、それはまだ誰も答えを知らない。石川氏は「AIやチャットボットは、まだその使い方の『正解』が存在していないんです。われわれが先陣を切って成功例を作れば、それが業界の『正解』になるかもしれない。そうなれば、かなりいいポジションに立てるようになります」と胸を張る
コールセンターや接客業務がAI化されるのは時間の問題ですね。チャットしている相手がAIか人間かわからない世界がすぐそこに、いや、もう来ているのかもしれません。ボットに恋をするってことがマジに起きたりするんでしょうか。外見はオリエンタル工業でお願いしたい。あれですよね、ホームセンターの案内係もAIでいいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。