--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年01月17日 (火) | Edit |
「ファイルを返してほしければ、他人を感染させろ」と言われたでござる
http://ascii.jp/elem/000/001/415/1415181/
「身代金を支払え。あるいは、他人を巻き添えにしろ」――なにやらサスペンス映画のセリフのようだが、こんな要求をするランサムウェアが発見されている。ランサムウェアとは、マルウェアでファイルを暗号化して、犠牲者から金をゆすり取る攻撃のことだ。勝手にパソコンの記憶領域の一部を暗号化してしまい、「暗号化を解除して欲しければお金を払え」とデータを人質代わりにして、身代金を要求するのが主な手口。2016年12月に見つかった「Popcorn Time」もそのひとつ。このランサムウェアが(悪い意味で)ユニークなのは、「身代金を支払うか、誰か別の2人を感染させて彼らに支払わせるか」の選択肢を被害者に提示するところだ。Popcorn Timeは他の目立ったランサムウェアほど急速に拡大はしておらず、北米や東西ヨーロッパで発見されているものの、検出数も少ない。ただ、あの手この手で被害者から金をゆすり取ろうとする、近年のランサムウェアの手口については知っておいたほうがいいだろう。ランサムウェアでは2014年から海外で問題になっていたが、現在では日本語のランサムウェアも珍しくない。日本では2015年後半から猛威を振るっており、ニュースなどで耳にした人も多いはず
実際身代金支払っている企業がたくさんあるらしいですね。ダメだよね、支払っちゃ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。