--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年01月19日 (木) | Edit |
ロボットの暴走防ぐ「停止スイッチ」、欧州議会が義務化提案
http://www.cnn.co.jp/tech/35094953.html?tag=cbox;tech
欧州議会の法務委員会は12日、緊急時に備えてロボットの機能を止める「キル・スイッチ」をつけることを求める提案を可決した。今後、欧州委員会で検討されることになる。 提案を起草したマディ・ドルボー議員は「私たちの日常生活において、ロボットの影響が増している領域は増加の一途だ。ロボットが今後も人間への奉仕を続けられるよう、私たちは欧州にしっかりとした法的枠組みを作り出す必要に迫られている」と述べた。 今回の提案で求められているのは、倫理的で安全なロボットを設計するための指針の策定だ。 例えば設計者は、ロボットに緊急時用の「キル・スイッチ」を付けなければならないほか、ロボットに搭載されたソフトウエアが設計通りに機能しなかった場合にロボットの再プログラムを行う仕様にしなければならない。 また、ロボットの開発者、製造者、運用者は基本的に、SF作家アイザック・アシモフが考えた「ロボット3原則」に従わなければならない。この3原則では、ロボットは人間を決して傷つけてはならず、人間の命令に常に従わなければならない。また、人間に危害を加える結果にならない限りにおいて、ロボットは自らを守らなければならないとされる
怖いのはキルスイッチを故意に無効化するヤカラが出て来ることですよね。テロリストやクラッカーたちがそうです。さらに高度な知能をもつロボットは自分でキルスイッチを無効化してしまうことが出てくるのではないだろうか。シンギュラリティが現実になれば、キルスイッチなど何の意味もなくなりそうだから困る。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。