2017年02月02日 (木) | Edit |
Nintendo Switchは「赤字を出さない価格設定」 予約「好調」、1カ月で200万台出荷へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/01/news093.html
任天堂は君島達己社長は1月31日に開いた決算会見で、3月3日発売予定の新ハード「Nintendo Switch」について、「ハード単体で赤字を出さない価格設定にしている」と改めて説明した。各国での予約も順調で、3月末までに200万台出荷を目指す目標に変更はないという。1月13日に発表したNintendo Switchの価格(税別)は、日本で2万9980円、欧米で299.99ドル。市場の想定の上限に近く「サプライズがない」「端末を一気に普及させるには高い」との見方もあり、価格発表直後に任天堂の株価は急落した。ゲームの新ハードは、当初は製造コストが販売価格を上回る「逆ざや」で普及を優先することが多い。任天堂の前機種「Wii U」もそうだったが、君島社長は以前から「逆ざやだとビジネスが成り立たない」とし、逆ざやにはしないと話していた
強気ですよねー。私はとりあえず様子見。