--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年02月22日 (水) | Edit |
攻撃者もAIを活用する時代に(前)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/17/021500013/021500001/
同社自身は、人工知能(AI)や機械学習の技術を活用したハッキングの事例を確認したことはない。だが、新たな技術を取り入れる早さという面では、悪徳なハッキング業界の右に出るものはないとGibson氏は話す。「したがって、ハッカーは既にAIを邪悪な用途に活用していると考えておくのが無難だ」   もう後戻りはできない。米DLT Solutionsの最高サイバーセキュリティ・テクノロジスト、Don Maclean氏は次のように言う。「ホワイトハットにとっても、ブラックハットにとっても、機械学習の稼業に関するツールを手に入れて身に付けるのが、これまでにないほど簡単になっている。ソフトウエアはただ同然ですぐ手に入る。機械学習のチュートリアルを入手するのも同じくらい簡単だ」   画像認識を例に考えてみよう。画像認識といえば、かつてはAI研究の主軸の1つという見方をされていた。しかし現在では、OCR(光学文字認識)などのツールが幅広く利用でき、当たり前に使われていることから、そもそもAIだという見方すらされていない。そう指摘するのは、米Shape SecurityのCTO(最高技術責任者)、Shuman Ghosemajumder氏だ
攻撃特化型のAIはファイヤーウォールを突破するのは人間より早いだろう。もし、セキュリティホール探知型のAIができれば・・・。最近までボット対策として奇妙な画像の文字を入力させるのが流行ってましたけどもうそれすら通用しなくなるってことですよね。チャットしている相手が人間なのかAIなのかさえわからない時代が来ようとしているのでしょうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。