--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年02月23日 (木) | Edit |
独ミュンヘン市、Linuxから「Windows」に回帰へ--市議会の目指すべきITの形とは
https://japan.zdnet.com/article/35096820/
ドイツのミュンヘン市議会は現地時間2月15日、同市が使用するデスクトップPCのOSを2020年末までにオープンソースのものから「Windows 10」へと置き換えるという提案を可決した。最終的な決定はコストに依存するとはいえ、多くの人々はLinuxの運命が既に決まったも同然と考えている。ミュンヘン市議会は、市当局向けに特別に作成されたLinuxディストリビューション「LiMux」の使用中止に向けた計画を策定するという提案を可決した。同市の市長であるDieter Reiter氏は2020年末までにMicrosoftの「Windows 10」に置き換えたいとしている。この提案は、野党からの激しい反対意見にさらされたものの、中道左派のドイツ社会民主党(SPD:Social Democratic Party)と中道右派のキリスト教社会同盟(CSU:Christian Social Union)からなる同市の与党連合によって可決された。世界最大級の展開規模を誇る同市のデスクトップLinux戦略を破棄するというこの提案に反対する人々は、今回の可決によってLiMuxの運命は決まったも同然と捉えている
やっぱりこうなったか。基幹業務OSにするにはLinuxはいろいろとリスクが大きすぎますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。