2017年02月25日 (土) | Edit |
プリウスPHVが教える不都合な真実
http://agora-web.jp/archives/2024583.html
そんな便利なソーラー充電システムであるが、メーカーオプションとなっており、お値段28万800円(税込)である。んっ、高くね?プリウスPHVのガソリン走行の燃費は37.2km/Lである。実燃費はもうちょっと下がると思うので同程度の燃費であるプリウスHVを調べてみたところ、23km/Lと推定できる(参照サイト)。よって、ソーラーパネルが1年間に充電する1059kmを走行するためには、41.26L(=1059km÷23km/L)のガソリンが必要になる。プリウスPHVの燃料タンク容量が43Lなので、一回の満タン給油にも満たない量だ。  2月20日現在のガソリン価格の平均がレギュラー126.6¥/Lなので、41.26Lのガソリンは5224円である。つまり、28万800円のソーラー充電システムは1年間で5224円分のガソリンの節約につながるが、元を取れるまで54年かかってしまう
まぁ、元を取ろうという発想ですなかなかこういうクルマを購入するモチベーションにはならない。とは言っても、省エネというだけで、プリウスごときに330万円(ソーラーシステムや他のオプションをつけると400万円近くなるかも)という金を払うかと言われると私的にはちょっとムリかなと思う。PHVは結局価格との戦いになるだろう。