2017年03月10日 (金) | Edit |
NVIDIA、Pascal GPUを採用した新型「Jetson TX2」を、AIエッジ向けに投入
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1048408.html
半導体メーカーのNVIDIAは3月7日(現地時間、日本時間3月8日)、同社の組み込み機器向けモジュール"Jetson"(ジェットソン)シリーズの最新製品としてJetson TX2(ジェットソンティーエックスツー)を発表したことを明らかにした。従来製品となるJetson TX1は、Maxwell世代のGPUを搭載したTegra X1(テグラエックスワン、開発コードネーム:Erista)を採用していたが、Jetson TX2は開発コードネームParkerで知られる最新世代のSoC(この世代からTegraブランドの製品名は使われず、開発コードネームのParkerで呼ばれる)を採用しており、GPUもCPUも性能が大幅に引き上げられていることが最大の特徴になる。NVIDIAによれば、Jetson TX2の電力効率はJetson TX1に比べて2倍になっているという。Jetson TX2はDeveloper Kitと呼ばれる開発ボードとセットになった開発キットが599ドル(1ドル=114円換算で、6万8286円)でアジア太平洋地域では4月から販売開始予定。製品に組み込んで出荷可能なProduction Moduleは1000個ロット時で399ドル(同、4万5486円)で、第2四半期(4月~6月期)に提供開始となる予定だ
NVIDIAが覇者になる日が来るかもなー。