--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年03月14日 (火) | Edit |
Intelのシェアを奪ってしまうかもしれない、AMDの新CPU「Ryzen」その死角とは
http://www.gizmodo.jp/2017/03/amd-ryzen-7-1800x.html
と、ここまではRyzen 7 1800Xのメリットばかり強調されてはきたものの、これで一気にAMDのシェア挽回になることはないかもしれません。というのは、先のベンチマークスコアでは好成績を残したものの、実際の日常的なタスクではかなり苦戦しそうなのです…。  よく使うであろうPhotoshopでの画像レンダリング(図左下)では、Ryzen 7 1800XはCore i7-7700Kの倍近い時間がかかってしまうことが判明。また、先ほどの華々しいベンチマーク対決とは裏腹に、「WebXPRT」のスコア(図右上)やPCゲーム『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』での処理(図右下)では、ほぼ両者互角の性能であることが明らかになっているほか、やはり「Geekbench 4」のスコア(図左上)でも、わずかなポイント差しか開きませんでした。コア数では、Ryzen 7 1800Xのほうが倍のはずなのに。  その理由として、あらゆるソフトウェアは、もはやPC市場を制しているIntel製のCPUに合わせてチューンアップされているからなのです
なるほど・・・。やっぱりそううまい話はないんですねー。ちょっと残念。CPUに最適化するってそんなに差が出るもんなんですねー。びっくり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。