--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年03月17日 (金) | Edit |
数十万ドルは確実? 世界で数台しか現存しない完動品の「Apple I」がオークションに登場
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1049730.html
1976年に発売されたApple最初のマシン「Apple I」の完動品がオークションに登場することになり、話題となっている。Apple創業者の一人であるスティーブ・ウォズニアック氏が設計し、約170台が販売されたと言われるこの「Apple I」だが、その後発売された「Apple II」への下取りに出された数も多く、現存しているのは世界中で50台あまり、きちんと動作する品に至っては1ケタしかないと言われるだけに、超レアな一品。Mac Rumorsが報じるところによると、今回の品は本体のほか取扱説明書、購入時のマザーボードとカセットインターフェイスの領収書、さらにスティーブ・ウォズニアック氏およびスティーブ・ジョブズ氏との電話での通話記録まで付属するとのこと。2014年にはやはりオークションに出品された「Apple I」が約90万ドルで販売された例もあり、今回も数十万ドルの値段がつくのは確実と見られている。注目のオークションはドイツで、5月20日に行われる
へー、よく残ってたなー。こりゃすごい金額になりそうですね。私は買っときゃよかったよ。って、絶対廃棄してるよね・・・。当時90万円もした98XLもすでに廃棄済みだし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。