2017年03月17日 (金) | Edit |
AMD、Intel「Core i5」対抗の「Ryzen 5」を4月11日に169~249ドルで発売へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/16/news084.html
米AMDは3月15日(現地時間)、デスクトップPC向け新プロセッサ「Ryzen 5」を発表した。4月11日に世界で発売する計画だ。Ryzenは、同社のコアアーキテクチャ「Zen」を採用するPC向けプロセッサのブランド名。Ryzen 5は、2月に発表した「Ryzen 7」に続くミッドレンジモデルだ。Ryzen 7の予約台数は過去最高だったという。Ryzen 5のラインアップは4種類で、価格は最低スペックの4コア/8スレッドの「1400」が169ドル、最高スペックの6コア/12スレッドの「1600X」が249ドルだ。Ryzen 5は、モデル名から分かるように、Ryzen 7より手頃な価格で高性能なパフォーマンスの提供を目指した製品。Cinebench R15 nTでのベンチマークテストでは、シリーズの最上位モデルである1600Xは、米Intelの「Core i5 7600K」より69%高性能だったとしている。同社は、Ryzen 5向けの純正CPUクーラー「Wraith Spire」と「Wraith Stealth」も発表した。クーラーが付属するかどうかを含むスペックは以下の通りだ
ガンガン行こうぜ!競争があることはユーザーにとって歓迎すべきこと。