--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年03月17日 (金) | Edit |
業種、規模を超えて広がるOpenStack、その活用のポイントは?
https://japan.zdnet.com/pickup/lpi_201703/35097254/?tag=zrcol;TUspecial
オープンソースのクラウド基盤構築ソフトウェア「OpenStack」は、当初の主なユーザーであったクラウドサービスを展開するサービス事業者やIT企業のみならず、通信事業者や金融機関、製造業など、業種、規模を問わず幅広い企業で採用が広がりつつある。こうした動きを背景に、LPI-Japanは2016年12月6日、「OPCELビジネスサミット2016 新たなビジネスを切り開くOpenStack」を開催し、OpenStackの最新動向や活用例を紹介した。会場には160人を超える来場者が参加する盛況となった。LPI-Japanは、Linuxやオープンソースソフトウェア(OSS)を活用したITプロフェッショナル育成を目的に、技術認定試験を展開してきた。Linuxを軸としたエコシステムが広がり、特にクラウド基盤への注目が高まってきたことを背景に、2015年にはOpenStackの認定試験「OPCEL認定試験」をスタートしている
何十年か前にJavaが登場したときも大騒ぎになったけど、OpenStackの騒ぎもなんか似てるなーとちょっと思った。サーバー型からパブリッククラウドやプライベートクラウドに移行することによってその可用性は格段に向上しますよね。たぶん未来のコンピューティングはここにあります。AIの心臓もクラウドですからね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。