FC2ブログ


2010年01月28日 (木) | Edit |
負けても悔しがらない国は、復活できない
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100121/212285/
当時の日本は自国の経済モデルにものすごく自信を持っていました。 しかし90年代に入ってバブルが崩壊。本来、日本はシステム全体を点検しなければなりませんでしたが、そうしなかった。 バブル崩壊の影響が消えきらぬうちに米国でITブームが起き、景気が若干回復した。改革の機運はありましたが、結局ほとんど変わらなかったのが実態だと思います
なかなかよく分析していますね。さらに今では、何かを変えてくれるかもしれないと思った政党が実は売国党だとわかってしまって、中国からは併合の機会を虎視眈々とうかがわれ、アメリカからは見放され、いったい日本という国はどうなるのでしょうか。復活の意欲すら失っているように見えます。バ韓国経済が危ないと言って対岸の火事のように騒いでいましたが実は本当に危ないのは日本だったというオチが見えてきました。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック