FC2ブログ


2010年02月21日 (日) | Edit |
Twitterでよく見かける「なう」の間違った使い方
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20100219_349806.html
「なう=中」という説を提唱したことで「田なう角栄」「なう田英寿」というダジャレに飛び火し、さらに「なう げった チャンス なう」「お主も悪よなう」「国益を損なう」など「なう」がゲシュタルト崩壊を起こしかねない流れになっている
もうどうでもよすぎ。ツイッターに間違いもクソもない、なんでもOKだ。ツイッターなんか全然おもしろくないよ。たぶん今年で収束すると見ている。そんな人には以下の記事。

Twitterの面白さが分からない!? そんな人にこそ「Togetter」!
http://www.atmarkit.co.jp/news/201002/19/togetter.html
注目すべき関連サービスが日本からも登場してきている。「ふぁぼったー」、「Togetter」(トゥギャッター)、「ツイテレ」、「OKetter」などだ
こういう動きが予測を困難にしているんですね、ひょっとすると日本では独自の進化をするんじゃないか、そんな気がしています。ただ、進化を遂げたとしてもおもしろくない人にとっては結局同じこと。使う人と使わない人が明確に別れてしまうかも。SNSが嫌いな人にはツイッターは向かないことに変りない。

     ▲「togetter」の画面
ハマコーによる「だう!」祭り』はめちゃくちゃおもしろい。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック