FC2ブログ


2010年02月27日 (土) | Edit |
<五輪>トリプルアクセルを飛んだのに2位?!浅田真央の問題は新ルールへの対応にあり―中国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/4624004/
浅田のトリプルアクセル~ダブルトーループの基礎点は9.5点、加点が0.6点。キム・ヨナのトリプルルッツ~トリプルトーループは基礎点が10点、加点が2点で、コンビネーションジャンプだけで1.9点もの差がついた。女子選手にとってトリプルアクセルの難易度はきわめて高いものだが、点数はそれを反映したものではない
何かの匂いがしますね。でもまぁ、あれだけ完璧にやられたら仕方ないとも思うよ。

     ▲産経の写真が安倍元総理に似ていると話題

フィギュアの採点改革に効果なし
http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/02/post-1018.php
どの審判員がどの得点を付けたかは公表されず、さらに審判員のうちの一部の採点のみが使われる(バンクーバーでは各演技で9人の審判員が採点し、そのうち7人の得点を採用。どの審査員の得点が採用されたかは明らかにされない)
ということです。問題解決にはなっていないのでは?でなければトリプルアクセルを成功させた真央ちゃんの得点があれほど離れるワケはありません。

五輪フィギュア:ヨナVS真央、連続ジャンプ比較
http://news.livedoor.com/article/detail/4624015/
点差が開いた理由は、ジャンプの高さと安定性でキム・ヨナに及ばなかったためだ。浅田の「3回転半」は滞空時間が短く、約0.47秒だという。キム・ヨナの「3回転」(約0.55秒)より0.08秒ほど短い。浅田のジャンプは回転が速いが、キム・ヨナより滞空時間と距離が短い
こちらは、驚くべきバ韓国人記者の「異様な得点」に対する考察です。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック