FC2ブログ


2010年03月01日 (月) | Edit |
もうプロの記者は要らない? 編集長はコンピュータ!記事は一般公募!
“ファストコンテンツ”メディアの衝撃

http://diamond.jp/series/beyond_valley/10083/
滝口さんのコラム。
1日にサイトにアップされるテキストやビデオ・コンテンツは、何と4000件を数える。これもファストフードならぬファストコンテンツとでも呼ぶべき量産体制の賜物だ。この体制を支えるライターやビデオ制作者は、同社のサイトで常時募集している。フリーランサーたちは、テキスト記事では15ドル程度、ビデオ制作では30ドル程度の報酬を受けている
というようなメディアが既存のニュースサイトに取って代わるのかといわれるても・・・。最近、日本でも、個人的なブログなのか新手のニュースサイトなのか区別が判然としないようなものが増えてきています。しかし、IT記事でもちゃんとしたCNETやITmediaなどの記者が書くソースと一般の人の書く記事には雲泥の差があることも事実なのであります。そこをレベルは低くても数打ちゃ当たる的なものでいいのか、記事の質を上げるのか悩ましい問題だと思います。でも、まぁ、ネットでは個人のブログがキックした記事が結構話題になったりすることもあるので、ありっちゃありかもですが、まともな報道としては崩壊を意味するのでは。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック