FC2ブログ


2009年03月28日 (土) | Edit |
 スピードもそこそこマルウェア対策が最もすぐれていると言われるIE8、その評価は意外と高い。そこでXPにIE8をインストールしてみることにした。以前、IE8は絶対に入れないなどと豪語していたことは忘却の彼方である。
 まず、このページからセットアッププログラムをダウンロードする。

IE8_inst_01.jpg
     ▲IE8ダウンロードサイト

ダウンロードした「IE8-WindowsXP-x86-JPN.exe」をダブルクリックして起動する。
IE8_inst_02.jpg
     ▲インストール開始画面

IE8_inst_03.jpg
     ▲「次へ」をクリック

IE8_inst_04.jpg
     ▲「同意する」をクリック

IE8_inst_05.jpg
     ▲「最新の更新」をインストール

IE8_inst_06.jpg
     ▲本体をダウンロードしている画面(たぶん)

IE8_inst_07.jpg
     ▲インストールが進んでいるようす

IE8_inst_08.jpg
     ▲再起動を促す画面

IE8_inst_09.jpg
     ▲「次へ」をクリック

IE8_inst_10.jpg
     ▲「有効にしません」をクリックし「次へ」
機能がわからない場合はスキップするに限ります。
IE8_inst_11.jpg
     ▲ここはもう面倒なので「高速設定を選択する」でいいと思う

IE8_inst_12.jpg
     ▲お気に入りをインポートするブラウザを選択できる
こんなことはいままでのMSにはありえない機能だ。ブラウザが競争状態に入ったことがこんなところに出ていますね。大変いいことです。1社寡占状態がいかにユーザーにとって悪いことかがわかります。

IE8_inst_13.jpg
     ▲インストール完了
テーマ:ブラウザ
ジャンル:コンピュータ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック