FC2ブログ


2010年03月18日 (木) | Edit |
民放側が本音の議論 バラエティー番組 BPO意見書巡り
http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201003160281.html
BPOに苦情を寄せた視聴者に対しては「もっと勉強してほしい」が37人。「視聴者が正しくないというなら、ほかの世界で番組をつくれば、という話になる」とBPOの委員がたしなめる場面もあった(中略)「視聴率がなければ素晴らしい番組ができるか、と問うのは民放にとってナンセンス」
現場の声としてはあると思うんですけど、それ言っちゃう?という話ですよね。まぁ、一番の問題は、彼らの問題意識もひとつなんですけど、苦しいからって制作費を削ってることですよね。その前に幹部や社員の世間の4倍とも5倍とも言われる超高額給与を見直せよ。このシンポジウムがどこまで本気か知らないが「バラエティー番組」だけじゃくドキュメンタリーとかも充実してほしいものです。

     ▲バラエティー番組のあり方を制作者らが議論するシンポジウム
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック