FC2ブログ


2010年08月30日 (月) | Edit |
Windows 95、発売15周年--マイクロソフトが今後の成功のためになすべきこと
http://japan.cnet.com/news/commentary/story/0,3800104752,20418878,00.htm
マイクロソフトがなすべきことはWindows 7ではない。Windows 2000のブラッシュアップだ。だれもゴテゴテのOSなんか望んでいない。シンプルで軽量、そして堅牢なOSを望んでいるのだ。だが、今後もマイクロソフトはそれを理解することはないだろう。そして、ジョブズにこう言われ続けるのだ。
マイクロソフトが抱えている問題はただひとつ。美的感覚がないことだ。足りないんじゃない。ないんだ
そんなマイクロソフトに未来はない。

     ▲MSには美的センスがないと言い切るジョブズ
私も、Windows Vistaや7のこれでもかというアメリカ的美的センスにはうんざりだ。その点、Ubuntu 10.04はいい。それにしてもWindows95から15年か・・・。早いものだ・・・(遠い目)
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック