FC2ブログ


2010年09月30日 (木) | Edit |
岡崎市立中央図書館:利用者情報163人流出
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100928k0000e040040000c.html
ソフトを開発した三菱電機インフォメーションシステムズ(東京)によると、同図書館が最初のソフト販売先だった。岡崎市の利用者の個人情報を誤って残したまま、ソフトをほかの全国37の公立図書館に販売してしまったという
びといですね。この図書館は例の不正アクセスで話題になったクソソフトを採用している図書館ですよね。今回の事件も信じられないくらいの低レベル。ありえねー。あのときもソフトの不具合を隠蔽しつづけた。そのあげくがこんな稚拙なことで個人情報を漏洩させてしまった。もともとこの会社の体質に疑問満載だ。

    ▲今度は個人情報を漏洩させてしまった「MDIS
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック