FC2ブログ


2010年11月06日 (土) | Edit |
対テロ要員、個人情報丸裸 「秘」文書も 情報流出事件
http://www.asahi.com/national/update/1104/TKY201011040494.html
警視庁などの内部資料とみられる国際テロ関連の文書がインターネット上に流出した問題で、機密性が高い文書を示す「秘」の印が付いた文書が14件含まれていることがわかった
これは相当高い位置の人のパソコンから共有ソフトを通じて流出したものと推測できますね。たぶんこの人の息子が父のパソコンにウィニーかシェアをインストールしたんでしょうな。
警察関係者によると、外事3課では、電子化した文書の多くは専用サーバーに保管され、幹部や直接の担当者にだけアクセス権限を与えたフォルダーに保存されているという
これってWindowsのアクセス権限ですよね。ハッカーから見たらこんなのへでもありません。まぁ、今回のはハッキングまでして流出させたのではなく、父の仕事用パソコンにバカ息子が共有ソフトをインストールしてしまった事故でしょう。


     ▲警視庁

ファイル名に「警官流出」=警察組織に悪意か―ウィニーにテロ捜査資料・警視庁
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201011050001.html
警視庁の内部資料とみられる国際テロの捜査情報が流出した問題で、ファイル交換ソフト「ウィニー」のネットワーク上に公開された資料ファイルに、現職幹部の名前のほか、「警官が流出したファイル」とのタイトルも付けられていたことが4日、分かった
やはりウィニーですね。
セキュリティー会社「ネットエージェント」の杉浦隆幸社長によると、ウィニーのネットワーク上には五つの圧縮ファイルが存在した。 ファイル名は「警官が流出したファイル」や平仮名書きされた現職公安部幹部の名字のほか、暴露ウイルス感染に偽装した「仁義なき『(ウイルス名の一部)』殺人」や「PSP裏マニュアル」「写真集等2010セクシーアイドルヌード」の名称もあった
ということですので、ウィニーで流出を察知した警察に悪意をもつ者が、ファイルをひとまとめに圧縮し、再度流出させたんでしょう。一次ソースは、「平仮名書きされた現職公安部幹部の名字」の人のノートパソコンで、流出させたのは本人かその息子でしょう。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック