FC2ブログ


2010年11月09日 (火) | Edit |
【尖閣ビデオ流出】「ユーチューブはNHKより信頼できる」!? ネットで既存メディア飛び越え始めた「内部告発」
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/101107/trd1011072137011-n3.htm
ビデオジャーナリストの神保哲生さん(48)は「今回の流出事件は、こうした流れに位置づけられるもので、時代が一つ変わってしまった印象だ。これまでは情報を制御できる“情報強者”と“情報弱者”がいたが、その関係が対等になった」と指摘する
これは感慨深いことですよね。一昔前までは、マスゴミが完全に情報を握ってましたからね。今は、ネットの方が断然早いし、政府やマスゴミが隠したい「本当」のことがわかります。今回の事件は象徴的ですね。ネットが既存のメディアを飲み込んでいく、まさにその現場に私たちは立ち会っているのです。
神保さんは「本格的な捜査により、投稿者のネット上の住所にあたる『IPアドレス』を追えばかなりの確率でパソコンを特定できる。ユーチューブでの匿名投稿は、実際には実名が割れるリスクが高い」とした上で、こう述べた
どこまでネットに詳しいのか知らないがIPがわかったところで本人に行き着けるとは限らない。プロキシ使っている場合や、ケーブルテレビの大規模NATを使っている場合にはわからない。さらに、自宅から遠いネットカフェなんかを使われたら本人には辿り着けない。自分の職を賭しての内部告発に自宅のパソコンを使うだろうか?私なら、新幹線に乗ってでも遠くのネットカフェからプロキシを経由してアップロードすることを考える。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック