FC2ブログ


2010年11月30日 (火) | Edit |
試される「県外移設」 主張一転の仲井真氏
http://www.asahi.com/politics/update/1129/SEB201011280071.html
県内移設容認から選挙前に「県外移設」に転じた現職の仲井真弘多氏(71)が、「国外移設」を主張した前宜野湾市長の伊波洋一氏(58)を退けた
この問題をここまで解決不能に貶めたのは、他でもないルーピーその人だ。「最低でも県外」、この一国の首相の不用意な発言に沖縄県民の心は躍ったはずだ。なのに迷走して行き着いた結果は、自民党案のまま。ひどい。あまりにもひどい茶番劇。そして、ヤツはこの迷走の責任を取って辞任、政治家をも辞めるとまで言っていたのに最近はまた続投すると言っている。この男のどこに「本当」があるのか、信用を失うということがいかに悲惨かを自ら体現している人だ。県外移設は国内・国際情勢から見て不可能だ。検察や海保に責任を押し付けて逃げようとする今の民主党政権に解決能力があるとはとても思えない。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック