FC2ブログ


2010年11月30日 (火) | Edit |
「スパコンのノーベル賞」長崎大グループに
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101128-OYT1T00337.htm
長崎大先端計算研究センターの浜田剛准教授(36)らのグループが、米国電子学会の「ゴードン・ベル賞」を2年連続で受賞した。昨年は低価格で高速計算が可能なスーパーコンピューター「DEGIMA」の開発成功が評価されたが、今回はさらに性能を高めたことなどが認められた
ということです。
浜田准教授らは、安価で市販されている画像処理装置(GPU)を大量につなぎ合わせるなどの方法で、従来は数十億円かかるスーパーコンピューターの開発費用を約3800万円に抑制。毎秒158兆回の計算が可能だったが、今回はGPUを増やすなどの改良を重ね、同190兆回の計算ができるまでにした
地球シュミレータが600億円、年間維持費50億円ですからね。それに比べると3800万円なんかへみたいなものですけど。この偉業は「2番じゃだめなんですか」とか真顔で聞くレンホーにこそ報告すべきですね。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック