FC2ブログ


2010年12月16日 (木) | Edit |
iPhoneにフィルタリング未搭載、総務省が質問状
http://www.asahi.com/business/update/1214/TKY201012140533.html
米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone」が、18歳未満に売る場合に付けなければいけない「フィルタリング機能」を付けないまま売られているとして、総務省は14日、アップル日本法人に質問状を送った
これはアップルがいけないんじゃなくて、インターネットの一部の不具合をフィルタリングなどという不完全な技術でカバーしようとしているやり方そのものがナンセンスなのです。CDが不正コピーされるからDRMをかけるのと似ています。それがいかにムダで非効率なものか、エライ人にはわからないんですね。日本は、テレビの地上波にカギをかけるようなバカな国ですから、インターネットにフィルターを義務付けるようなバカなことを平気でやるんです。ジョブズが肩をすくめるのが見えるようですね。子どもをインターネットの危険から守るにはフィルタリングなどという卑しい技術に頼るのではなく、きちんとカリキュラムの時間を取って教育をすべきなのです(親の責任ももちろんありますが)。そういう極基本をおろそかにしたまま、ヘタな技術で解決しようとする日本のお役人やPTAの姿勢こそ糾弾されるべきなのです。アップルに否はありません。この際、ジョブズにいかに日本の姿勢が間違っているか、こんこんと説教してもらうのもいいかもしれません。日本は外圧でしか変われない愚かな国民性ですからね。

     ▲こんなことを真顔で言う総務省が日本人として恥ずかしい
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック