FC2ブログ


2010年12月29日 (水) | Edit |
2011年に起きるであろうインターネットとメディアの7つの革新的変化
http://gigazine.net/news/20101227_seven_digital_media_trends_coming_in_2011/
◆その1:新聞や雑誌はタブレットデバイスに移行する
◆その2:オンライン上でデビューする才能の増加
◆その3:より安く、より便利、よりお得なお買い物
◆その4:モバイルメディアのさらなる普及
◆その5:ソーシャルネットワークが適切な情報を流し始める
◆その6:人々のチカラ
◆その7:ターゲットを特定するチカラ
というくくりで紹介されている2011年の予想ですが、なかなかするどいと思います。
 新聞や雑誌がタブレットに移行するというのはまだ早いですね。まだ数年のスパンが必要でしょう。ネットで才能を開花させる例はますます増えるでしょう。
 お買い物のオンライン化は、すでに私自身が体現していること、もうすっかりネットでしか買い物をしていません。ユニクロのヒートテックでさえネットで購入。ほとんどアマゾンですね。これは危機感を持つべきだと思いますよ、リアル店舗は。アマゾンはアメリカの企業なのに、これほど日本の流通に浸透しました。すごいことですよ。日本では楽天かヤフーくらいですけど、本当に危機感持つべき。
 モバイルといえば、スマートフォンがいよいよ本格化しますよね、アンドロイドがiPhoneを駆逐していくでしょう。残念ですが、サムスンのGalaxy SやGalaxy Tabが日本を席巻するでしょう。SNSは、淘汰され衰退するといつも予測しているんですけど、洗練されてくるのでしょうか。フェースブックは日本では育ちません。ターゲティング広告はウザいので嫌がられるけど、その勢力は拡大する一方です。私の恒例の年頭の予測はまた年が開けてから書きます。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック